現場の稼働が見える化システム「らくらく現場」
Direct Shop


New TBM-KYモデルが追加されました。

現場の稼働が見える化システム「らくらく現場」日報、電子KY活動等からサイネージを使って現場の見える化を実現、日報やKY活動情報から作業班毎の稼働集約表を月末に集計し、支払や請求の省力化が図れます。

スマホ1つで現場が変わる!課題をらくらく現場が解決します

その課題を、
らくらく現場が解決します

らくらく現場は、勤怠管理・施工管理を行うクラウドサービスです。
スマートフォン、タブレット、PCで利用でき、
現場情報をいつでもどこでも「事務所と現場」で共有することができます。
建設業に特化したクラウドサービス、らくらく現場をぜひご利用ください。

二つのモデルから選べます

電子KY活動
カスタマイズモデル

紙で行うKY活動をスマホやタブレットで行いペーパレス化を実現。テキスト入力と手書きに対応したKYシートで見た目と保管のしやすさを実現。

サービス詳細 > 

TBM-KYモデル
作業指示

KY活動で安全管理を強化するため協力業者や職長単位に作業指示が出せる。施工体制台帳を取り込むとこで作業員の登録も簡単。稼働集約表を出力することでKY活動のデータベースが手に入る。

サービス詳細 > 

「らくらく現場」オプションパッケージ

  現場で活用できるアプリを用意しています。単独アプリとしても利用可能。

ヒヤリハット報告アプリ
(安全衛生管理DX)

ヒヤリハット報告アプリ
作業員がKYする時にヒヤリハットも報告
①作業員に親しみやすい操作性の良い画面
②工種、作業内容をリストから選択しヒヤリハットが分析可能
③ヒヤリハットは関係者へメール送信される
④元請社員はヒヤリハットにコメントが可能
⑤管理画面をリアルタイムに確認、発注者へ報告

ワークサイン

ワークサイン
安全衛生会議参加者の作業確認電子サイン
安全衛生会議などを行った際の出席者の確認用の電子サインを取得
作業会議文書のExcel、Wordや他システムで作成された作業計画書・PDF・写真等の複数のファイルを取込み、打合せ時にPDFで確認しながら打合せ
会議終了後に確認の電子サインを記入、現場作業員の電子サインも可能
元請の統責、元方・担当はコメントで安全指示と自動確認サイン可能

電子朝礼看板アプリ

電子朝礼看板アプリ
朝礼をスマホで分散して実施可能。
朝礼で共有する現場立ち合い、行事予定、資材依搬入予定、連絡事項を各作業員のスマホでいつでもどこでも確認ることが可能
連絡事項や看板はリアルタイムに管理画面からoffice文書、画像、PDFをアップし、いつでも発信、現場に直ぐに周知
事務所では大型モニタに朝礼サイネージとして表示可能

持込機械点検アプリ

持込機械点検アプリ
スマホで重機・車両・工具点検
現場に持ち込まれた機械の始業点検をQRコードを読み込んで点検表の項目をチェックし登録・登録+通知
元請責任者は通知で点検状況をリアルタイムに確認
管理画面で機械登録、点検状況、確認サイン

安全運転見守りアプリ

安全運転見守りアプリ
安全運転見守りアプリ2
安全運転管理者の業務として、令和4年4月1日から「運転前後の酒気帯の有無の確認」と「記録の保管」、令和4年10月1日からアルコール検知器を使用しての確認」が義務化。運転者はQRコードをスマホで読んで酒気帯び点検項目の報告、安全運転管理者は管理画面で運転前後の確認チェックと記録の保管が可能。

「らくらく現場」電子KYスマホイメージ

  標準版らくらく現場並びにカスタマイズ事例のご紹介


標準版KYシートのイメージ



標準版KYシートのイメージ

某大手建設会社専用書式の
カスタマイズイメージ

某大手建設会社専用書式のカスタマイズイメージ

専門工事業者の
カスタイズイメージ

専門工事業者のカスタイズイメージ

ATKY(アタックケイワイ)の
カスタマイズイメージ

ATKY(アタックケイワイ)のカスタマイズイメージ



KYシート&元請サインの
カスタマイズイメージ  

KYシート&元請サインのカスタマイズイメージ

  コラム一覧  

COLUMN

建設業にクラウドサービスらくらく現場を

建設業に特化したクラウドサービスらくらく現場は、勤怠管理・施工管理・KY活動などに対応している、建設現場に特化したクラウド型のパッケージシステムです。スマートフォン・PC・タブレットなどで利用でき、現場情報をいつどこにいても共有することができます。 特に、工事現場と事務所など離れた場所との連携が必要な業界では、日報や勤怠管理などが共有できるクラウドサービスがおすすめです。 様々な情報をリアルタイムで共有・確認ができるようになれば、現場の進行もスムーズになるでしょう。

 工数・勤怠・残業・KY 

MODEL 1

現場別の工数と協力会社の集計を簡単に

現場別の工数と協力会社の集計を簡単にできるシステムはないか?

弊社のサービスはクラウドサービスになっております。
インストールは不要で、インターネット環境が整っていればお手持ちのスマホ・iPhone・タブレットからいつでもご利用可能です。
データも即同期するためデバイスを切り替えても面倒な同期作業は必要ありません。 お客様からの意見を取りいれ現場で役立つサービスになることを目標としております。

POINT

現場別のスタッフ・協力会社の工数のスマホで報告。
自動集計で事務作業削減。

現場別・人別の日報・月報を用意。
勤怠情報付きの日報報告もできるので
現場の入退場の管理も楽にできる。

スマホメインメニュー タブレット集計

POINT

残業申請ができるので給与計算が楽になる

スマホから簡単に残業申請が可能。
現場別の工数月報に集計されるので、現場の工数と残業時間が一目でわかる。Excelで出力されるので、基幹システムでの給与計算がしやすくなる。
申請は自動承認なので、余計な管理も不要。

スマホ残業申請 デスクワーク

POINT

写真・動画・ファイルを即共有。
他のデバイスに切り替えても、即同期してすぐに作業できる!

写真の上に書き込みやタグ付けができるので、写真整理が簡単で他のユーザへの情報共有がやりやすくなる。
1度に50枚以上の写真を保存可能

スマホオプションメニュー スマホ写真一覧

POINT

協力会社も一括管理。
現場でIDが発行できるので、事前準備も最低限!

協力会社専用のアカウントが作成できるので、1つのアカウントで協力会社全体の工数集計が可能です。
スマホ画面のQRコードから協力会社用にアカウントも作成できるので、急に新規の協力会社がきても工数集計可能。

現場でID発行

POINT

デジタルサイネージ機能で
現場の情報を事務所で一覧表示!

現場の入退場・作業内容・KY活動を行っているかなど様々な情報をサイネージに表示します。事務所にあるネットにつながっているモニターにらくらく現場でログインすればすぐにサイネージとして利用できます。

デジタルサイネージ

 電子KY活動アプリ 

MODEL 2

電子KY活動カスタマイズモデルの特徴

KY活動で面倒な、紙の管理・内容の共有・手書きサインの悩みを


」します!

DEGITIZATION

POINT 01

KY活動の電子化で
書類整理の負担が軽減


日々増え続けるKYシートの用紙をらくらく現場でペーパレス化していきませんか。
KYを入力する職長だけID登録すれば、作業員の確認サインはID無しで利用できるので導入・管理も楽々!

スマホメニュー

CONVENIENCE

POINT 02

KY活動の電子化で
書類整理の負担が軽減


日々増え続けるKYシートの用紙をらくらく現場でペーパレス化していきませんか。
KYを入力する職長だけID登録すれば、作業員の確認サインはID無しで利用できるので導入・管理も楽々!

リスクアセスメント

ELECTRONIC SIGN

POINT 03

QRコードを発行し
読み取ることでKYシートに
サインできる!

らくらく現場にID登録しなくても、QRコードを読み取ることで電子サインが利用できます。
IDはKYシートの内容を入力する人のみあれば問題ありません。

QRサイン

CONFIGURATION

POINT 04

簡単設定で導入もスムーズ
スマホからでもユーザ登録できる

現場とスタッフの登録のみで簡単設定。CSVを利用することで現場を一括管理できる。
事前に社員や協力会社を登録できていなくてもスマホ画面からでもユーザ登録できるので準備いらずで簡単に始められます。

簡易ユーザ登録

HISTORY

POINT 05

履歴とプレビュー機能で
入力の手間軽減&内容確認が簡単!

履歴機能で過去にユーザが登録したKY内容をコピーすることで入力の手間を軽減。
プレビュー機能で印刷時のKYの内容がどのように反映されるのか確認可能です。

履歴とプレビュー

DEGITAL SIGNAGE

POINT 06

サイネージ表示で現場情報を
事務所でいつでも確認可能!

入退場やKY活動の実施状況をサイネージ表示することで、事務所にいながら現場状況が把握できる。

簡易ユーザ登録

TBM-KYモデル作業指示

MODEL 3

tbm





安全管理を強化するために作業員に
指示や周知の徹底ができるようなKYツールが欲しい

建設現場では多くの作業員が多様な建設機器を使用して作業を行っているので、様々な災害や事故に遭遇します。
労働災害を未然に防ぐためには、作業条件に適した作業場所での作業計画、作業手順、適正配置を十分に検討し、結果を作業員に周知することが必要不可欠です。
TMB-KYモデルでは協力会社・作業員の作業計画に作成から作業指示を行いリスクアセスメントとヒヤリハットを組み合わせることで未然に防いだ事故や起こってしまった事故をデータベース化することで、安全性の向上を目指します。


01

施工体制台帳を取り込める

らくらく現場で登録する作業員の登録は施工体制台帳と取込むことで業務の効率化が図れます。


独自の帳票も取り込める

取込める施工体制台帳は弊社のものを利用していただくか、カスタマイズで自社独自の施工体制台帳を取り込むことができます。

✔取込まれたスタッフは管理者が一括管理
✔資格情報も取り込めるので朝の忙しい時間を節約できる

tmbky_1

02

作業指示と予定の作成

予定と作業指示を共有し、作業員のKYシートの報告は通知メールで受け取れます。

従来までの口頭や書類による予定管理から開放され作業員に一括共有。複数の予定と作業指示を同時に取り込めるので情報共有が簡単に!

✔KYシート登録時には担当者へ通知メールが届くのでKYの共有が簡単

tmbky_2

03

KYシートのカスタマイズ可能

KY活動に使用するKY様式を自社に合わせてカスタマイズすることができます。

自社様式が利用できるので紙からの転記作業が不要に!
電子サインや電子印鑑を利用することでKY活動のDX化が可能になります。

✔現在使用している書式が利用可能

tmbky_3

04

稼働の見える化

らくらく現場で登録されたKY報告はクラウド上に保管されデータベース化されており、稼働集約表として出力することが可能です。

KY報告を登録した際に、自動でクラウドへ保存。データベース化されたデータは、稼働集約表として期間を指定して出力できます。

✔工数集計で業者別の工数が集計可能
✔KYの内容もデータベース化できるのでリスクアセスメントの強化のための分析に利用可能

tmbky_4

05

KY活動のDX化

らくらく現場で登録する作業員の登録は施工体制台帳と
取込むことで業務の効率化が図れます。


作業時間の短縮

作業予定と作業指示を簡単に作業員へ共有できます。複数の予定を同時に登録できるので、手間のかかる事務作業を短縮できます。

デジタル化で紙の廃止

KY報告だけでなく電子サインと電子印鑑を利用することで、KY活動を完全にデジタル化することができます。

導入も簡単

施工体制台帳やKYの様式をカスタマイズできるため、ITに詳しい人材がいなくとも簡単に導入できます。



 導入企業事例 

CASE STUDY

導入事例

建設現場や現場の工務店の工数集計、
残業時間の報告を行い
様々な方にご利用いただいております。

お客様の声

工数集計を目的とした工務店の場合

利用人数 30人

一日に複数の現場や協力会社の工数集計や日報報告を行う必要があり既存の日報報告アプリではなく、建設現場に対応したアプリを探している中らくらく現場に出会いました。
1日に複数現場に対応しているうえに、QRコードを利用することで現場でスポットの協力会社を入れることができるので工数集計が楽になりました。

お客様の声

産廃業務によるカスタマイズ事例

利用人数 300人

社内の産廃処理の確認の効率化とコロナが重なり、リモートで監査業務ができるシステムがないか探している時に、らくらく現場に出会いました。
予定作成から監査項目のカスタマイズ、監査の確認をする業務フローの確立まで行い、紙から報告書に写しかえる時間や確認作業の効率化が実現しました。
また、現地で過去の監査内容も確認できるようになったので、誰が現地で監査しても一定の品質が保てるようになりました。

お客様の声

KY活動を電子化したい建設業の事例

利用人数 約300人

東日本を中心として多数の現場のKY活動の報告の遅れや稼働現場の把握ができておらず、らくらく現場元にカスタマイズすることで専用のKY活動の入力フォームの作成とサイネージによる稼働現場の一覧表示により作業効率が上がりました。
KY活動も業務に合わせた内容にカスタマイズされており入力もしやすく、手書きサインを活用して作業員のサインも記録されるのでKY活動の報告の遅れが無くなりました。

お客様の声

音声入力でKY活動を電子化したい事例

利用人数 50人

標準でKY活動のシートが用意されており、自分が元請けの時は標準のシートを使い、下請けの際はKYシートを取り込んで音声認識で入力しています。
電子の手書きだと画面の大きさ的にスマホでは無理だと考えていましたが、音声認識なら入力したい場所に触って話すだけでいいので簡単で助かっています。

 らくらく現場の特色 

FEATURES

特徴
 1

特徴

選べる打刻方法で現場で日報・KY報告が完結

特徴
 2

特徴

一日に複数の現場を同時に報告・管理できる

特徴
 3

特徴

予定機能で現場からでもらくらく人員配置

特徴
 4

特徴

報告漏れもお知らせ機能で、実績漏れが無くなる

特徴
 5

特徴

サイネージ機能で現場の稼働状況が一目瞭然

特徴
 6

特徴

スマホカメラで撮った写真でらくらく報告が可能

らくらく現場とは?
よくある質問
Q.スマホしか使用できない?
A.webクラウドサービスなのでネットワークにつながていれば、どの端末からも使用可能です。

Q.同じアカウントで複数のデバイスは使える?
A.複数デバイス利用可能です。データ同期も即時行うので、作業を中断せずに利用できます。
Q.音声入力はできる?
A.ChromeやSafariの音声認識をそのまま利用し、音声入力可能です。

Q.複数現場の報告がしたい!
A.現場毎に日報・KY・勤怠報告ができます。同じ現場でも、時間帯ごとに複数の報告を行うことも可能です。
Q.同じ現場で作業内容別に報告したい!
A.らくらく現場では同じ現場で複数の日報が登録可能です。作業内容ごとに開始・終了時間で報告し、記録された人工は最後に合計して表示します。

  導入までの流れ  

INTRODUCTION FLOW


ご利用までの流れ

*こちらはモデルケースです。実際のスケジュールとは異なりますので、参考までにご覧ください。


お客様 本番運用 販売店窓口
ヒアリング内容

導入予定の利用者について

  • ご利用人数
  • 利用者
  • 協力会社等の外部組織はいるのか

運用に関して

  • 業務内容の確認
  • 想定される運用に合わせたマニュアル作成

カスタマイズ

  • 外部システムとの連携
  • 専用入力フォームが必要な際は見積もり・提案

  サポート体制  

SUPPORT SYSTEM

導入前サポート

  • 初期設定に関して、事前に打合せしスムーズな運用開始ができるようサポート致します。
  • らくらく現場の運用担当者への簡単な利用方法のレクチャーを行います。
  • 必要に応じて、社員等を対象としたオンラインセミナーで操作説明を実施致します。

導入後サポート

  • 個別のご相談などについて、メールまたはお電話で専用のスタッフがサポート致します。
  • 必要に応じて、データや設定の代行入力を専門のスタッフがサポート致します。

 お知らせ 

NOTICE

建設業でクラウドサービスのご利用をお考えの方はらくらく現場を

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1−6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

まずはお気軽にお問い合わせください!