【建設業】クラウドサービスのメリットとは?建設業・工事現場の日報共有や勤怠管理におすすめ!らくらく現場

建設業のクラウドは、現場管理を簡単に行える、メンバー全員と容易に情報共有ができるなど様々なメリットがあります。これまで時間がかかっていた勤怠管理などがスムーズになると、業務の負担も軽減し、より効率化が図れるでしょう。こちらでは、工事現場でも使えるクラウドの詳細と、建設業でクラウドを利用するメリットをご紹介いたします。従来のオンプレミス型よりもクラウド型がおすすめの理由も解説していますので、ぜひご参考ください。

現場でも使える!建設業のクラウドとは?

スマートフォンを持った男性

建設業において、クラウドの利用によってもたらされる変化は多岐にわたります。

そもそもクラウドとは、インターネットなどのネットワークを通じて利用できるサービスです。利用者は、スマホやPCなどのアプリをインストールすることで、手軽にサービスにアクセスできます。

また、施工管理の過程をクラウド上で一元管理しておくと、施工管理に携わっているメンバー全員が、時間や場所に関係なくスマホ・PCからアクセスして確認ができます。

クラウドでできること

建設業で活用可能なクラウドは複数ありますが、主に作業の段取りや工事の進捗状況の確認、図面や業務記録の共有、勤怠や日報管理、チャットを使ったコミュニケーションツールなどが組み込まれています。

利用したいサービスが組み込まれているかを確認してクラウドサービスを選びましょう。

らくらく現場は、建設業におすすめのクラウドサービスです。クラウドを利用することで、事務所と工事現場で日報やKY活動、写真などの情報が共有できます。また、働き方改革に対応した勤怠情報の電子化も可能です。建設業で利用しやすいクラウドサービスをお探しなら、ぜひらくらく現場をご利用ください。

建設業の工事現場でも使える!クラウドサービスを利用する3つのメリット

Meritと印刷された紙

建設業では、自社のサーバー内にソフトウェアをインストールして使用するオンプレミス型よりも、インターネットを通じて利用するクラウド型がおすすめです。実際にオンプレミス型と比較して、どのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

導入コストの削減が可能

オンプレミス型システムは、一般的に買いきり型です。導入時に初期コストがかさみやすく、システム以外にもサーバー構築費用などもかかります。

クラウド型なら、システムの導入費やサーバーなどのインフラ環境の構築費用がかからないため、オンプレミス型よりも初期投資が抑えられます。

すぐに導入できる

クラウド型のシステムは、サービスを提供している会社が用意したサーバーにアクセスして利用するため、自社内のシステム構築が必要ありません。

提供会社と契約をし、アカウント情報さえ付与されればすぐに利用できます。

情報の共有が簡単に行える

作業員・現場監督・営業・経理担当など、1つの業務に携わるメンバー全員が情報を共有しやすくなるという点が、クラウドを利用する最大のメリットです。

ネット回線にアクセスできる状況さえ整っていれば、業務の進行状況がいつでもどこでも確認可能です。

例えば、責任者が出張で遠方にいても、クラウドを活用すると承認作業もスムーズに行えます。営業担当からの予算編成や受発注、建築事務なども一元化できるでしょう。

クラウドでデータを連携させれば、状況がスムーズに把握でき、効率的に管理できるのです。

らくらく現場は、建設業に特化しているクラウドサービスです。勤怠管理から危険予知活動など、様々な現場の情報が共有できます。また、現場毎に日報や工数、KY活動の内容を記録可能です。サポート体制も整っているため、安心してお使いいただけます。建設業でクラウドサービスの導入をご検討中の企業様は、ぜひらくらく現場をお試しください。

建設業でクラウドサービスを利用するメリットは多い!

建設業界では、工事現場と事務所が離れた場所にあるため、リアルタイムでの情報共有が困難であるという問題がありました。また、携わっているメンバーが多いほど、お互いのコミュニケーションが容易ではなくなるという点も頭を悩ませるポイントでしょう。

クラウドサービスの利用によって現場と事務所、そして携わっているすべてのメンバーとの情報管理が容易になるため、これまで問題視していたことがスムーズに行えるようになります。

らくらく現場は、建設業に特化したクラウドサービスです。様々な情報をリアルタイムで共有・確認ができるようになれば、現場の進行もスムーズです。建設業向けのクラウドサービスをお探しなら、ぜひらくらく現場をご利用ください。

建設業・工事現場に特化したクラウドサービス『らくらく現場』の魅力

「らくらく現場」は、スマホ1つで、建設現場の作業員の予定状況、勤務時間から健康状態を含めた労務管理、施工情報の工数管理、状況確認、作業工程の予定、実績管理などが行えるクラウドサービスです。

また、世界No.1のクラウド型の情報共有サーバ(box)とも連携することにより、設計図、写真、動画、ドキュメントを保存でき、より広範囲な建設現場の情報の共有化が可能となります。スマホの画面は、明るい場所や暗い場所での目の疲れを抑えることや消費電力を抑えたダークモードで見やすい画面になっています

導入事例

B電気設備会社

−「らくらく現場」導入前はどのような課題がありましたか?

協力会社の入退場の記録が取れておらず、実績の工数と予定との差が正確ではなく工数管理が課題となっていました。

−「らくらく現場」を選んだ理由は?

らくらく現場に登録していない協力会社もその場で登録し、正確な工数管理・納期管理ができるようになる。加えて、現場情報をお客様と共有できることでお客様からの安心感・信頼感に繋がると思います。

−導入後の運用は?

職長が班員や協力会社の分の人工をまとめて入力し、社内教育も最低限の人数で済んだため、スムーズに導入できました。今後キャリアアップとも連携予定であるため管理業務が楽になることを期待しています。

らくらく現場のクラウドサービスで建設業の現場管理を簡易化!

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1-6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

株式会社 国際創研

お問合せ 0238-39-2222

お問合窓口時間:平日9:00〜18:00