建設業の勤怠管理・集計の課題はシステム化で解決できる?

建設業において、勤怠管理に頭を悩ませている企業が多く、いかに勤怠管理を効率的に行うかを課題としています。しかし、日報やタイムカードという昔から行われてきた方法では、なかなかうまく管理ができないのが実情です。こちらでは、建設業が抱えている勤怠管理の課題と、建設業に勤怠管理・集計システムを導入するメリットをご紹介いたします。

建設業が抱える勤怠管理の課題

建設業が抱える勤怠管理の課題とは?

建設業では、作業員の労働実態を知るために勤怠管理が欠かせません。以前から、多くの企業で日報・タイムカードによる勤怠管理が行われてきましたが、従来の方法では多くの課題が残ります。

日報は正確性に欠く

日報を使って行う勤怠管理は、手軽である一方で信憑性が低く、正確性を欠きます。ミスや記入の間違いがあったり、作業員の虚偽申告の可能性があったりするため、日報をそのまま鵜呑みにして勤怠管理を行うのは危険です。

タイムカードは直行直帰の場合に対応できない

作業員は、特定の現場や事務所だけで仕事をすることが少なく、様々な現場に派遣されて仕事をしています。事務所にタイムカードを設置していても、現場から遠く離れていると移動時間がロスになってしまったり、直行直帰の場合にはタイムカード以外の勤怠管理を行わなければいけなかったりと、うまく機能しません。そのため、タイムカードでは正確な勤怠管理がしづらいでしょう。

このように、建設業の勤怠管理には、様々な課題が残っているのです。課題を放置したまま勤怠管理を行っていると、工数管理が曖昧になる、作業員の不正が見過ごされる、などのデメリットが発生します。これからは、働き方改革に伴って労働時間などの情報を正確に記録する必要が出てきているため、万が一トラブルが発生した際に問題となるかもしれません。建設業における勤怠管理の課題は、早急に解決する必要があるでしょう。

建設業に特化したらくらく現場の勤怠管理システムは、スマホ1つで作業員の予定状況・労務管理・工数管理などが可能です。クラウドサービスなので、すぐに利用が開始できます。これまで時間がかかっていた勤怠管理がスムーズに行えるため、業務に割く時間が削減でき、効率的に業務が進められます。建設業で勤怠管理システムの導入をご検討中なら、ぜひらくらく現場をお試しください。

建設業に勤怠管理・集計システムを導入するメリットとは?

建設業に勤怠管理・集計システムを導入するメリットとは?

建設業で勤怠管理システムを導入するメリットは4つです。

正確な労働時間が把握できる

勤怠管理システムを導入すると、デジタルで記録されるため計算間違い・回収漏れといったミスがなくなります。労働時間の超過も数値でわかるため、スムーズに発見できて改善にもつなげられるでしょう。労働時間を正確に把握できる点は、勤怠管理システムを導入する最大のメリットです。

直行・直帰にも対応できる

建設業の作業員は直行直帰が多く、これまでは勤怠管理が難しくなっていました。勤怠管理システムを導入すると、現場への直行直帰をする作業員がスマートフォンを使って出勤・退勤の打刻が行えます。また、打刻漏れをチェックする機能が搭載されていれば、報告漏れを防げるでしょう。

工事の進行状況を把握できる

勤怠管理システムを利用することで、工事の進行状況の把握が可能です。複数の現場が同時進行している状況でも、それぞれの工事の進捗状況が把握でき、スマホやPCでリアルタイムの進捗を確認しながら、各現場のスケジュール・人員調整を行うことができます。

自動集計ができる

勤怠管理システムで作業員が入力した情報を、リアルタイムで自動集計ができます。入力した情報を使ってシステムが自動集計するため、複数の現場を掛け持ちしている作業員がいたり、勤務形態が混ざっていたりする場合でも、正しく集計可能です。担当者の負担が軽減し、業務の削減ができるため、業務全般の効率化につながるのでコスト削減にもつながります。

らくらく現場は、建設業に特化した勤怠管理システムです。スマホ1つで作業員が勤怠情報を入力でき、確認もスマホから行えます。いつでもどこでも勤怠管理ができるため、作業員・担当者の手間を省くことができます。建設業に特化した勤怠管理システムの導入をご検討中なら、ぜひらくらく現場をご利用ください。

勤怠管理・集計の課題を解決する勤怠管理システム らくらく現場

建設業は勤怠管理・集計で様々な課題を抱えています。課題を解決するために役立つのが、勤怠管理システムです。システム化することで、作業員も担当者も楽に勤怠報告・管理が行えるようになるでしょう。

らくらく現場は、建設業に特化している勤怠管理システムです。スマホ1つでどこでも勤怠報告・管理が行えるため、作業員や担当者の手間が省けます。建設業で使用できる勤怠管理システムをお探しなら、ぜひらくらく現場をご利用ください。

建設業・工事現場の勤怠管理システム『らくらく現場』の魅力

「らくらく現場」は、スマホ1つで、建設現場の作業員の予定状況、勤務時間から健康状態を含めた労務管理、施工情報の工数管理、状況確認、作業工程の予定、実績管理などが行えるクラウドサービスです。

また、世界No.1のクラウド型の情報共有サーバ(box)とも連携することにより、設計図、写真、動画、ドキュメントを保存でき、より広範囲な建設現場の情報の共有化が可能となります。スマホの画面は、明るい場所や暗い場所での目の疲れを抑えることや消費電力を抑えたダークモードで見やすい画面になっています

導入事例

B電気設備会社

−「らくらく現場」導入前はどのような課題がありましたか?

協力会社の入退場の記録が取れておらず、実績の工数と予定との差が正確ではなく工数管理が課題となっていました。

−「らくらく現場」を選んだ理由は?

らくらく現場に登録していない協力会社もその場で登録し、正確な工数管理・納期管理ができるようになる。加えて、現場情報をお客様と共有できることでお客様からの安心感・信頼感に繋がると思います。

−導入後の運用は?

職長が班員や協力会社の分の人工をまとめて入力し、社内教育も最低限の人数で済んだため、スムーズに導入できました。今後キャリアアップとも連携予定であるため管理業務が楽になることを期待しています。

建設業の勤怠管理をシステム化でリアルタイムで自動集計が可能!らくらく現場

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1-6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

株式会社 国際創研

お問合せ 0238-39-2222

お問合窓口時間:平日9:00〜18:00