建設業でクラウドサービスの導入なら、らくらく現場にお任せ

建設業は、現場と事務所など離れた場所同士で様々な連携が必要不可欠です。勤怠管理や日報管理、現場の工数確認など、今まで時間や手間がかかっていたことも、クラウドサービスを利用することで一気に解決できます。こちらでは、建設業におけるクラウドサービスの利用状況と、建設業でも働き方改革によってクラウドサービスを利用する企業が増えている実態をご紹介いたします。

日報・勤怠管理がしやすい!建設業のクラウドサービス利用状況

建設業のクラウドサービス利用状況を解説

クラウドサービスの「クラウド」とは、インターネットを通じてサービスを必要な分だけ利用する、という考え方です。

従来の勤怠管理は、特定のPCからしかアクセスできないという理由から、担当者が従業員のタイムシートや日報をまとめてPCに打ち込まなければいけませんでした。その場合、現場での工数確認に時間がかかる建設業には不向きです。

クラウド型にすることで、インターネット上の情報システムで勤怠情報の管理や運用が行えるため、時間や場所を選ばずにアクセスが可能になるというメリットがあります。
クラウドサービスを一部でも利用している企業は、2019年時点で6割近くになります。
しかし、建設業に絞って利用状況を調べてみると、徐々に増えてきてはいるものの、おおよそ1割という結果が出ています。

この結果からわかるように、建設業でのクラウドサービスの利用はまだ少ないというのが現状です。働き方改革によって2024年には「労働時間の状況を客観的に把握する」ことが義務化されることを受けて、クラウドサービスを早急に取り入れていかなくてはならない企業が多いことがわかります。

なかにはクラウドサービスを利用しない理由として「必要がない」と考えている企業もあるでしょう。ほかにも、クラウドサービスのセキュリティについて不安がある、メリットがあるかわからないなど消極的な意見も目立ちます。

らくらく現場は、建設業にもおすすめのクラウドサービスです。
勤怠管理や日報の共有が容易に行えるため、働き方改革において「労働時間の状況を客観的に把握する」義務化にも対応可能です。

また、スマートフォン・PC・タブレットなどで利用でき、現場情報をいつどこにいても共有することができます。
導入前・導入後ともにサポート体制が充実していますので、これまでのクラウドサービスに不満があった方でも安心してお使いいただけます。

「労働時間の状況を客観的に把握する」ことに向けてそろそろクラウドサービスの利用を検討したい、現場の管理を容易に行いたいとお考えなら、ぜひらくらく現場をお試しください。

共有簡単!クラウドサービスの利用が増えた主な理由は「働き方改革」

クラウドサービス利用増の背景に「働き方改革」が関係しています。

クラウドサービスの利用が増加しているのには、「働き方改革」が大きく関係しています。

正式名称を「働き方改革関連法」と呼びますが、改正にあたってのポイントは5つです。

  • 年次有給休暇の取得義務化
  • 長時間労働を抑制するための措置
  • 労働時間の適正把握の義務化
  • 同一労働同一賃金の制度化
  • 高度プロフェッショナル制度の創設

これらをスムーズに実現させるためには、従業員の勤怠状況をいかにリアルタイムで管理できるかがとても重要となりますが、従業員1人1人に管理させるというのには限界があります。
クラウドサービスを利用していつでもどこでも、すぐに管理できる状態にすることで、働き方改革に基づいた企業運営が可能になるでしょう。

らくらく現場は、建設業におすすめのクラウドサービスです。
勤怠管理や施工管理、KY活動・日報管理などが行えるため、現場と事務所との連携・共有がスムーズに行えます。

「労働時間の状況を客観的に把握する」ことが義務化され、建設業界は5年間の猶予があるものの、2024年3月までには義務化することが求められています。
らくらく現場のクラウドサービスは、使い方がわからないという方にも安心していただけるように、導入前・導入後のどちらもサポートを充実させています。
建設業でクラウドサービスの導入をご検討の際は、ぜひらくらく現場をご利用ください。

建設業のにクラウド化をサポート!らくらく現場で勤怠管理をスムーズにしよう!

「働き方改革関連法」の法改正が実施されたことで、建設業界も大きく変わっていきます。2024年3月までの「労働時間の状況を客観的に把握する」ことの義務化に向けて、対策を行わなければいけません。

らくらく現場は、勤怠管理・施工管理・KY活動などに対応している、建設現場に特化したクラウド型のパッケージシステムです。

いつでもどこでも、リアルタイムで勤怠管理・施工管理・日報などが共有できるクラウド型のサービスをご検討中なら、ぜひらくらく現場をお試しください。

建設業・工事現場に特化したクラウドサービス『らくらく現場』の魅力

「らくらく現場」は、スマホ1つで、建設現場の作業員の予定状況、勤務時間から健康状態を含めた労務管理、施工情報の工数管理、状況確認、作業工程の予定、実績管理などが行えるクラウドサービスです。

また、世界No.1のクラウド型の情報共有サーバ(box)とも連携することにより、設計図、写真、動画、ドキュメントを保存でき、より広範囲な建設現場の情報の共有化が可能となります。スマホの画面は、明るい場所や暗い場所での目の疲れを抑えることや消費電力を抑えたダークモードで見やすい画面になっています

らくらく現場のクラウドサービスで建設業の勤怠管理を簡易化!

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1−6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

株式会社 国際創研

お問合せ 0238-39-2222

お問合窓口時間:平日9:00〜18:00