建設現場にサイネージを導入するメリットとは?工事現場での情報共有にも最適

建設現場・工事現場でも、デジタルサイネージを利用することが増えています。作業員誰もが同じ情報を常に共有できる、近隣住民にわかりやすく説明できるなど、デジタルサイネージには様々な役割があります。こちらでは、建設現場・工事現場でサイネージを導入するとできること、導入するメリットをご紹介いたします。

情報共有に便利!建設現場のサイネージとは?

人差し指を立てている男性

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどを使って画像や動画を配信するツールです。都市部の巨大ディスプレイも、デジタルサイネージの1つです。デジタルサイネージは、基本的に広告メディアとして用いられています。電子看板とは異なり、インターネットを介してリアルタイムで発信できるのが特徴です。

また、運用する場所も広がっており、工事現場でもデジタルサイネージを使用することが増えました。工事現場でデジタルサイネージを導入すると以下のようなことができます。

マルチデバイスで全体へ情報共有できる

大型ディスプレイで情報配信するだけでなく、スマホやタブレットと連動できるデジタルサイネージがあります。建設現場では数多くの作業員が働いているため、建設現場の図面、1日の作業予定表、週間工程表など、建設現場で働く全員が共有しておきたい情報は数多くあります。

しかし、必要な情報はその都度変化するため、建設現場で働く全員に周知を徹底することは難しいでしょう。そこで利用したいのが、デジタルサイネージです。情報を常に更新するだけで、作業員全員が最新の情報を得られます。また、スマホやタブレットと連動することで、いつでもどこでも情報を確認できます。

近隣住民にわかりやすく説明できる

工事現場で発生しやすい近隣住民とのトラブル防止にも、デジタルサイネージが役立ちます。外に向けて発信を行うと、近隣住民にも重要な情報が簡単に伝達できます。工事現場から近隣住民に対し、作業内容や騒音・振動の程度なども、しっかり伝えなくてはいけません。デジタルサイネージを使えば必要な情報をその都度配信できるため、作業員が近隣住民への対応に追われずに済みます。

現場の安全管理意識を高められる

建設現場で最も重要視されているのは、現場の安全管理です。作業員の安全と健康を守るために、危険な場所や行為などを誰にでもわかりやすいように説明する必要があります。デジタルサイネージは視覚的に訴えやすいため、建設現場で作業をする従業員に安全管理の情報を発信する有効な手段です。ディスプレイに立ち入り禁止の危険場所を表示したり、湿度や温度を表示して熱中症の危険度を知らせたりするという使い方ができます。

作業員のレクリエーション用に使う

デジタルサイネージを活用し、建設現場で働いている作業員のレクリエーションに取り組む会社も増えています。毎朝占いやグルメ情報を表示するなど、働いている間のちょっとした息抜きの情報を発信することで、作業員のモチベーションアップにつながるでしょう。

建設業に特化しているクラウドサービス らくらく現場は、デジタルサイネージの利用が可能です。現場の作業予定やKY情報をもとに、現場入退場の人数や作業内容、危険作業の有無のコンテンツを自動で生成し、事務所内のサイネージにリアルタイムで表示ができます。建設現場での情報をリアルタイムで管理したい、可視化してわかりやすく管理したいとお考えなら、ぜひらくらく現場をご利用ください。

デジタルサイネージを工事・建設現場に導入するメリット

タブレットを見ている2人組

工事・建設現場にデジタルサイネージを導入するメリットは以下のとおりです。

事故防止

安全対策において、情報共有はとても大切です。作業員へ工事の流れや危険度を共有しておかなければ、ちょっとした判断ミスで事故が起きてしまう危険性があります。工事現場の情報は目まぐるしく更新されていくため、日本語にまだ慣れない外国人実習生や仕事に慣れていない若手などは、現場のスピードについていけないこともあるでしょう。そこで、デジタルサイネージを使って視覚で判断できる情報を配信することで、誰にでもわかりやすく注意喚起ができます。熱中症が心配な夏場は、デジタルサイネージで熱中症に関係する情報を発信すると、作業員1人1人の健康意識を高められるでしょう。

業務の効率化

工事現場において、情報伝達のために人手が割かれるということもよくあります。デジタルサイネージを利用すると、人が情報伝達をする必要がなくなるため、目の前の作業に集中しやすくなるでしょう。情報不足による連係ミスや作業の重複などが削減できるのも、サイネージを活用するメリットといえます。

また、業務が効率化され、スケジュールどおりに進められる可能性が高まります。もし将来的に労働力が減っても、労働環境が整っていれば少人数で現場を稼働させることも可能です。無駄な作業で人手を割く必要がなくなれば、重要な業務に人員を集中させるなどの人員配置もできます。

コストの削減

デジタルサイネージがあれば、伝達事項を紙に印刷する必要がなくなります。印刷にかかっていた時間やコスト、そして人手がいらなくなるのです。デジタルサイネージそのものの導入コストはかかりますが、導入によって削減されるコストを長期的な視点で考えると、収支がプラスになることも多いでしょう。

近隣住民からのイメージアップ

工事現場において、近隣住民に対して工事内容や騒音など、現場の説明は必須です。近隣住民に対する説明は具体的であればあるほど、トラブルを回避することができます。建物の完成図を配信したり、工事の意義を伝えるコンテンツを作成したりしてデジタルサイネージに表示すると、近隣住民に工事の内容を理解してもらいやすくなるでしょう。情報が足りていないとトラブルになりやすいですが、きちんと情報を伝えられていれば、工事現場のイメージアップにつながります。

コミュニケーションの活性化

デジタルサイネージの配信内容は自由度が高いため、作業員紹介や社内表彰などのデータを伝えることもできます。作業員同士に共通する話題をデジタルサイネージで配信していくと、コミュニケーションの活性化につながるでしょう。作業員同士の結びつきは、現場作業をスムーズに進めるために重要です。

また、お楽しみコンテンツとして占いやニュースなどを流すと、工事現場で働く作業員の気分転換にもなるでしょう。

らくらく現場は、建設業に特化したクラウドサービスです。現場の稼働状況をデジタルサイネージ化することが可能です。現場の作業予定、KY情報をもとに現場入退場の人数、危険作業の有無などのコンテンツを自動生成できます。PC・スマホ・タブレットなど、どの端末からでも情報共有した内容の確認が可能です。建設業で現場の稼働状況を可視化したい、リアルタイムの情報を確認したいとお考えなら、らくらく現場の導入をご検討ください。1ヶ月無料トライアルでお試しいただけます。

デジタルサイネージは建設現場で様々な効果を発揮してくれる

デジタルサイネージと聞くと、都市部の街頭にある大型ビジョンのようなイメージがありますが、実は建設現場でも活用されています。建設現場ですべての作業員が安心・安全に、そしてスムーズに作業を進めるために役立っているのです。

らくらく現場は、建設業に特化しているクラウドサービスです。デジタルサイネージにより現場状況を可視化することができます。PC・スマホ・タブレットなどでリアルタイムの情報が確認可能です。デジタルサイネージを建設現場に導入したい、現場状況を可視化したいとお考えなら、ぜひらくらく現場をご利用ください。

建設現場に特化したクラウドサービス『らくらく現場』の魅力

「らくらく現場」は、スマホ1つで、建設現場の作業員の予定状況、勤務時間から健康状態を含めた労務管理、施工情報の工数管理、状況確認、作業工程の予定、実績管理などが行えるクラウドサービスです。

また、世界No.1のクラウド型の情報共有サーバ(box)とも連携することにより、設計図、写真、動画、ドキュメントを保存でき、より広範囲な建設現場の情報の共有化が可能となります。スマホの画面は、明るい場所や暗い場所での目の疲れを抑えることや消費電力を抑えたダークモードで見やすい画面になっています

デジタルサイネージ導入で建設現場に集中しやすい環境を実現!らくらく現場

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1-6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

株式会社 国際創研

お問合せ 0238-39-2222

お問合窓口時間:平日9:00〜18:00