クラウド型施工管理システムとは?建設業で役立つ主な機能・平均料金

建設業でクラウド型の施工管理システムを取り入れると、業務を担っている現場監督の負担軽減が可能です。また、ミスを未然に防げるようになり、作業効率が高まってコスト削減にもつながるでしょう。こちらでは、建設業の施工管理システムの詳細と、一般的な施工管理システムで利用できる機能をご紹介いたします。

クラウド型施工管理システムが建設業で活躍する場面をご紹介!

建設業で導入したい!クラウド型施工管理システムとは?

建設業のクラウド型施工管理システムとは、全体の作業効率を把握し、施工のスケジュールや予算・発注・施工主との話し合いなどを行う施工管理をPCやスマホで行うことです。施工管理システムを利用することで、施工管理に要していた時間が大幅に削減され、施工管理を主に担っている現場監督の負担が軽減できます。

また、施工管理システムを利用すれば、ミスを未然に防ぎやすく、作業効率を高めたりコストを抑えたりすることができるというメリットもあります。最近は施工業者のほとんどが施工管理システムを使用しています。施工管理システムで行える主な内容は以下のとおりです。

見積りから受注・入金確認までを管理

施工管理システムでは、見積り作成から受注・入金確認など、建設に関わる一連の作業が管理できます。過去の見積りを引用したり、受注履歴を確認したりすることも可能です。また、物件ごとの請求額に対する入金額や残金の確認・管理も施工管理システムで行えます。

工事原価管理

工事を行う前に、仕入れ値などで実行予算を作成して、施工前・後で大きな差がでないように管理することを、工事原価管理といいます。予算と実績の差が少なくなるほど、利益が予定どおりに上げられます。工事原価管理は、人手が足りずに原価入力をする時間がない、原価管理も目的が明確でないなどの理由から、実際には徹底できていない企業も多いです。施工管理システムを利用すると、仕入れ値などの管理ができるだけでなく、総売上に対する原価率の計算も可能です。

工事現場の業務を効率化

施工管理システムは、現場で発生する特有の業務の効率化が図れます。例えば、現場の作業内容や使用した材料を記載した日報管理、資材の追加発注管理、工期管理、スケジュール管理などです。全体の情報を一括で把握できるため、確認漏れや重複入力を防いで業務の効率化につなげることができるでしょう。

建設業に特化したクラウドサービス らくらく現場は、クラウドを使用して事務所と現場で簡単に日報や勤怠管理が行えます。工事がより効率化されることでスムーズに進み、最終的には利益率のアップにもつながるでしょう。建設業でクラウドサービスの利用をご検討中なら、ぜひらくらく現場をお試しください。30日間の無料トライアルもご用意しております。

クラウド型施工管理システムの基本的な機能・平均料金

クラウド型施工管理システムの基本的な機能・平均料金について。

施工管理システムの基本的な機能や料金は、使用するシステムによって若干異なります。初期費用がかかる施工管理システムもあり、費用は10〜120万円と幅広いです。

また、月額の利用料金も機能や利用人数によって変わってくるので、どのような機能が必要で費用はどれくらいに抑えたいのかを考えておくとよいでしょう。こちらでは、施工管理システムの基本的な機能をご紹介いたします。一般的には、使用できる機能が増えれば増えるほど料金も高くなる傾向にあります。

受注工事管理

受注した工事の物件情報・契約情報・予算金額・契約日・工期などの詳細が登録可能です。こういった情報があると、契約書の作成もスムーズです。また、システム上に登録されている情報は実際に工事を行う部門が閲覧することもでき、引継ぎ漏れが発生する心配もありません。

発注管理

施工前に作成を行う、実行予算に基づいた発注業務の管理が可能です。発注先の情報登録、発注金額を記録しておけます。発注金額は自社の利益を含めた掛け率で決定でき、それらの情報を使って注文書の作成も容易に行えます。

入金管理

発注元からの入金情報が管理できます。金額が大きな工事の場合、一括での入金ではない場合もあります。請求額に対して現在の入金額・残金などがわかるため、重複して請求したり、払い忘れがあったりというトラブルを防げます。

請求管理

工事や工種を分類して請求情報が管理できます。原価情報も自動で更新されるため、とても効率的です。発注元ごとに請求書の発行・入金予定日の設定・明細の管理なども行えます。

支払い管理

仕入れ先別に支払い日を登録して、支払い依頼書の作成・支払い方式の調整などが行えます。また、業者別に集計表示したり、支払い額の仕分けを自動作成したりすることも可能です。

実行予算管理

施工前の実行予算管理も、施工管理システムで対応可能です。システム上で工事の手段・費用・期間を具体的に入力し、工事案件ごとの売上・最終利益を算出します。作業中に発生した原価と実行予算もすぐに比較でき、コスト管理がスムーズに行えます。

工程管理

案件ごとに進捗を管理すると、工期の遅延が可視化できます。作業の遅れに早く気付くことで、工程の見直し・人員の追加などに対応できます。

日報管理

施工管理システムで日報を管理すると、作業にかかった原価・追加発注なども記録しておけるため、実行予算との比較や原価管理の見直しが容易です。また、日報の報告によって作業工程どおりに進んでいるかの確認もできます。

工事原価管理

案件ごとの原価管理を行えば、支払い予定の管理や売上全体に対する原価率の管理ができます。工事原価管理をシステム上で簡略化すると、想定外の赤字が回避できるでしょう。

以上が基本的な機能です。他にも、導入するシステムや料金によって、顧客管理や現場との情報共有チャット、営業支援機能などを備えている場合もあります。

らくらく現場は、建設業に特化したクラウドサービスです。スマホ1つで、建設現場の人員確認、勤務時間から健康管理までの労務管理、作業工程の予定確認などが行えます。30日間は料金がかからない無料トライアルを実施しているため、クラウドサービスを初めて導入するという企業様も安心です。建設業でクラウドサービスの導入をご検討中なら、ぜひらくらく現場をお試しください。

建設業でクラウド型施工管理システムの導入なら、らくらく現場がおすすめ!

働き方改革による法改正が行われてから、より業務の効率化が重要視されるようになりました。施工管理システムを使うことで、これまで時間をかけていた業務が容易になり、業務の効率化につながります。

建設業に特化したクラウドサービス らくらく現場は、現場と事務所が離れていても、スマホ1つで簡単に様々な情報の共有・確認が可能です。建設業でクラウドサービスの導入をご検討中でしたら、ぜひらくらく現場をご利用ください。30日間の無料トライアルで、実際の使用感などを確かめてから導入することも可能です。

建設業に特化した施工管理システム・クラウドサービス『らくらく現場』の魅力

「らくらく現場」は、スマホ1つで、建設現場の作業員の予定状況、勤務時間から健康状態を含めた労務管理、施工情報の工数管理、状況確認、作業工程の予定、実績管理などが行えるクラウドサービスです。

また、世界No.1のクラウド型の情報共有サーバ(box)とも連携することにより、設計図、写真、動画、ドキュメントを保存でき、より広範囲な建設現場の情報の共有化が可能となります。スマホの画面は、明るい場所や暗い場所での目の疲れを抑えることや消費電力を抑えたダークモードで見やすい画面になっています

クラウドを使用した施工管理システム らくらく現場で時間大幅短縮!

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1−6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

株式会社 国際創研

お問合せ 0238-39-2222

お問合窓口時間:平日9:00〜18:00