建設現場でサイネージ導入のお問い合わせなら、らくらく現場!タブレットを使用するメリット

建設現場でタブレットを導入すると、進捗確認がしやすく紙の図面や資料よりも持ち運びやすい、セキュリティ面で安心、などのメリットがあります。また、利用するクラウドサービスにデジタルサイネージ機能があれば、常に最新の情報をどこにいても得ることができるでしょう。こちらでは、建設現場でタブレットを導入するメリットと、らくらく現場のデジタルサイネージ機能について詳しくご紹介いたします。

建設現場でタブレットを使うメリット

建設現場でデジタルサイネージ機能を利用して情報を確認する作業員

建設現場でタブレットを導入するメリットは以下のとおりです。

進捗確認が楽

タブレットで進捗確認ができるようにしておけば、確認作業が簡単です。タブレットは軽くてコンパクトなため、建設現場でも持ち運びやすく、その場で必要な情報の入力が可能です。現場で紙にメモしたものを後でパソコンに入れ直す、という二度手間も必要なくなるでしょう。

クリアな図面が参照できる

紙の図面は、使用しているうちにボロボロになっていきます。タブレットであれば、いつでもクリアな図面が参照できるでしょう。最近は、ディスプレイの画素数が高いタブレットもリーズナブルな商品が増えているため、建設現場でも導入しやすいです。

カメラが使える

タブレットの基本機能としてカメラが搭載されています。デジタルカメラを持ち運ぶ必要がなく、タブレット1台で写真撮影から進捗確認まで容易に行えます。

セキュリティ対策が万全

建設現場で使用する書類には機密情報が多々あります。紙の資料だと、紛失や盗撮のリスクがあるでしょう。タブレットなら、指紋センサーや静脈センサーを使えば、責任者しかアクセスできないようにしておくことができます。また、万が一タブレットを紛失してしまっても、遠隔地からデータを消去することもできて安心です。

らくらく現場をご利用いただくと、現場の稼働状況をデジタルサイネージ化し、タブレットでも確認可能です。リアルタイムの情報が表示されるため、現場確認の手間も時間も省くことができます。また、労務管理や工数管理、実績管理なども行うことができるため、これまで時間がかかっていた管理業務も容易になり、その分の時間を他の業務に充てることができるのです。建設業でクラウドサービスの導入をご検討中なら、ぜひらくらく現場をお試しください。

建設現場で役立つらくらく現場のデジタルサイネージの機能

建設現場で役立つらくらく現場のデジタルサイネージの機能をご紹介

らくらく現場で使用できるデジタルサイネージの機能は以下のとおりです。

現場状況を事務所のモニターへサイネージ表示できる

らくらく現場には、各種機能から得られた情報をもとに、Web配信形式のデジタルサイネージ機能が備わっています。

主なサイネージ画面は4つです。

  • 現場毎の予定、入場数、退場、明日の予定
  • スタッフ毎の現場入退場
  • スタッフ毎の健康管理
  • 現場毎の現場状況

これらを事務所のモニターへ表示することで、常に最新の情報が得られます。

どこからでも情報共有できる

らくらく現場で得た建設現場の稼働情報・現場状況・健康管理の情報から、事務所で閲覧がしやすいようにWebサイネージ化して、大型スクリーンに自動で複数のサイネージ情報を表示します。情報はリアルタイムで表示されるため、どこでも情報共有が可能です。

らくらく現場で利用可能なサイネージ機能の詳細については、お問い合わせいただければ詳しくご案内いたします。また、1ヶ月は無料トライアルでお試しいただけるため、お気軽にご利用ください。

お問い合わせは、メール・HP・お電話・お問い合わせフォームよりお待ちしております。

建設現場ではタブレット利用がおすすめ!お問い合わせはお気軽に

建設現場は、歩きにくく狭い場所がたくさんあります。持ち運ぶものは最小限にしておきたいと思っても、必要な荷物をまとめると結構な量になってしまう、というケースも少なくありません。特に紙の資料や図面はかさばるため、タブレット利用がおすすめです。タブレット1つに様々な情報を詰め込んでおけば、荷物を最小限に抑えながらも必要な資料の持ち運びができます。

らくらく現場は、建設業におすすめのクラウドサービスです。タブレットから勤怠管理や工数管理などが行えるだけでなく、デジタルサイネージ機能で現場状況をサイネージ表示するなど、様々な機能がご利用いただけます。建設業でも導入することが増えているクラウドサービスの利用をご検討中なら、ぜひらくらく現場をお役立てください。

建設現場に特化したクラウドサービス『らくらく現場』の魅力

「らくらく現場」は、スマホ1つで、建設現場の作業員の予定状況、勤務時間から健康状態を含めた労務管理、施工情報の工数管理、状況確認、作業工程の予定、実績管理などが行えるクラウドサービスです。

また、世界No.1のクラウド型の情報共有サーバ(box)とも連携することにより、設計図、写真、動画、ドキュメントを保存でき、より広範囲な建設現場の情報の共有化が可能となります。スマホの画面は、明るい場所や暗い場所での目の疲れを抑えることや消費電力を抑えたダークモードで見やすい画面になっています

建設現場のデジタルサイネージ導入・問い合わせ らくらく現場

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1−6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

株式会社 国際創研

お問合せ 0238-39-2222

お問合窓口時間:平日9:00〜18:00