電子朝礼看板やデジタルサイネージの活用なら「らくらく現場」!
スマホ・タブレットを使用するメリット

建設現場でスマホ・タブレットを導入すると、進捗確認がしやすく紙の図面や資料よりも持ち運びやすい、セキュリティ面で安心、などのメリットがあります。また、利用するクラウドサービスに電子朝礼看板やデジタルサイネージ機能があれば、常に最新の情報をどこにいても得ることができるでしょう。こちらでは、建設現場でスマホ・タブレットを導入するメリットと、らくらく現場の電子朝礼看板・デジタルサイネージ機能について詳しくご紹介いたします。

建設現場でスマホ・タブレットを使うメリット

建設現場でデジタルサイネージ機能を利用して情報を確認する作業員

建設現場でスマホ・タブレットを導入するメリットは以下のとおりです。

進捗確認が楽

スマホ・タブレットで進捗確認ができるようにしておけば、確認作業が簡単です。スマホ・タブレットは軽くてコンパクトなため、建設現場でも持ち運びやすく、その場で必要な情報の入力が可能です。現場で紙にメモしたものを後でパソコンに入れ直す、という二度手間も必要なくなるでしょう。

クリアな画像で資料や図面が参照できる

紙の図面は、使用しているうちにボロボロになっていきます。スマホ・タブレットであれば、いつでもクリアな図面が参照できるでしょう。最近は、ディスプレイの画素数が高いスマホ・タブレットもリーズナブルな商品が増えているため、建設現場でも導入しやすいです。

カメラが使える

スマホ・タブレットの基本機能としてカメラが搭載されています。デジタルカメラを持ち運ぶ必要がなく、タブレット1台で写真撮影から進捗確認まで容易に行えます。

セキュリティ対策が万全

建設現場で使用する書類には機密情報が多々あります。紙の資料だと、紛失や盗撮のリスクがあるでしょう。スマホ・タブレットなら、指紋センサーや静脈センサーを使えば、責任者しかアクセスできないようにしておくことができます。また、万が一スマホを紛失してしまっても、遠隔地からデータを消去することもできて安心です。

らくらく現場をご利用いただくと、現場の稼働状況をデジタルサイネージ化し、スマホ・タブレットでも確認可能です。リアルタイムの情報が表示されるため、現場確認の手間も時間も省くことができます。また、労務管理や工数管理、実績管理なども行うことができるため、これまで時間がかかっていた管理業務も容易になり、その分の時間を他の業務に充てることができるのです。建設業でクラウドサービスの導入をご検討中なら、ぜひらくらく現場をお試しください。

電子朝礼看板を利用するとコロナ禍の中、集合して朝礼をする必要が無く作業場所で分散朝礼が可能です。
本日の「立ち合い・行事予定」「資機材搬入予定」「本日の連絡事項」等を職長や作業員がスマホで直接確認できるため、情報の共有がリアルタイムに共有が可能です。

電子看板のコンテンツは画像、word,Excel,pptx,pdf等をドラックドロップして簡単に作成することができ、連絡事項等は元請のスマホからもアップ可能です。また、現場での重機配置の指示等もノート機能で簡単にしめすことが可能です。

建設現場で役立つらくらく現場の電子朝礼看板とデジタルサイネージの機能

建設現場で役立つらくらく現場のデジタルサイネージの機能をご紹介

らくらく現場で使用できるデジタルサイネージの機能は以下のとおりです。

現場状況を事務所のモニターへサイネージ表示できる

らくらく現場には、各種機能から得られた情報をもとに、Web配信形式のデジタルサイネージ機能が備わっています。

主な電子朝礼看板とサイネージ画面は12個です。

  • 現場毎の予定、入場数、退場、明日の予定
  • スタッフ毎の現場入退場
  • スタッフ毎の健康管理
  • 現場毎の現場状況
  • 本日の予定   「立ち合い・行事予定」「資機材搬入予定」「本日の連絡事項」
  • 無災害記録表
  • 今月の点検色
  • 安全ポスター
  • 工事車両運行図
  • 重機配置図
  • その他の掲示物
  • 持込機械点検状況(オプションパッケージ利用時)

これらを事務所のモニターへ表示することで、常に最新の情報が得られます。

どこからでも情報共有できる

らくらく現場で得た建設現場の稼働情報・現場状況・健康管理の情報から、事務所で閲覧がしやすいようにWebサイネージ化して、大型スクリーンに自動で複数のサイネージ情報を表示します。情報はリアルタイムで表示されるため、どこでも情報共有が可能です。

らくらく現場で利用可能なサイネージ機能の詳細については、お問い合わせいただければ詳しくご案内いたします。また、1ヶ月は無料トライアルでお試しいただけるため、お気軽にご利用ください。

お問い合わせは、メール・HP・お電話・お問い合わせフォームよりお待ちしております。

建設現場ではスマホ・タブレット利用がおすすめ!お問い合わせはお気軽に

建設現場は、歩きにくく狭い場所がたくさんあります。持ち運ぶものは最小限にしておきたいと思っても、必要な荷物をまとめると結構な量になってしまう、というケースも少なくありません。特に紙の資料や図面はかさばるため、スマホ・タブレット利用がおすすめです。スマホ1つに様々な情報を詰め込んでおけば、荷物を最小限に抑えながらも必要な資料の持ち運びができます。

らくらく現場は、建設業におすすめのクラウドサービスです。スマホから勤怠管理や工数管理などが行えるだけでなく、デジタルサイネージ機能で現場状況をサイネージ表示するなど、様々な機能がご利用いただけます。建設業でも導入することが増えているクラウドサービスの利用をご検討中なら、是非らくらく現場をお役立てください。

建設現場に特化したクラウドサービス『らくらく現場』の魅力

「らくらく現場」は、スマホ1つで、建設現場の作業員の予定状況、勤務時間から健康状態を含めた労務管理、施工情報の工数管理、状況確認、作業工程の予定、実績管理などが行えるクラウドサービスです。

建設業・工事現場で役に立つ機能

  • 打刻方法を選べる。現場で日報・KY報告が完結!
  • 現場毎に日報・工数・KY活動の内容を記録
  • 予定機能で現場からでもらくらく人員配置
  • 報告漏れもお知らせ機能で、実績漏れが無くなる
  • サイネージ機能で現場の稼働状況が一目瞭然
  • 固定カメラやウェアラブルカメラと連携することで遠隔臨場にも対応

建設現場のデジタルサイネージ導入・問い合わせ らくらく現場

会社名 株式会社 国際創研
サイト名 らくらく現場
住所 〒992-0063 山形県米沢市泉町2丁目1−6 りょうぎん米沢
TEL 0238-39-2222
URL https://rakuraku-genba.jp/service/
お問合窓口時間 平日9:00〜18:00

株式会社 国際創研

お問合せ 0238-39-2222

お問合窓口時間:平日9:00〜18:00